スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不確かで不安な穴の淵で戯れる~ソラニン 

ヴィレッジバンガード下北沢店で欲望物色中にみつけ、第1巻を買う。
約1週間後、どうしても続きが読みたくなり、終電間際に同店に駆け込み、第2巻を買う。

■『ソラニン』全2巻 浅野いにお 2005.12/2006.5

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス) ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお (2005/12/05)
小学館

この商品の詳細を見る


舞台は和泉多摩川、というか多摩川。
主人公芽衣子を中心とした、24、5歳の仲間達の青春物語。

恋人、友達、仕事、生活、才能、将来、夢、そして東京。
いくつもの不確かで不安な開いた穴に飛び込めず、穴の淵をぐるぐる回ったり、腰掛けたりする。

後半、リアルな大きな穴に直面し、小さな決心をもとにそれぞれが行動を起こす。

でも、大きく世界が変わるわけではなく、もとの生活に戻っていく、但し、前より心は少し強くなって。


コミカルで、真剣で、そして切ない秀作です。

good!good!goood!
スポンサーサイト

[2007/10/16 01:34] 小説 | TB(0) | CM(4)

間(マ)で唄う~ハナレグミの「男の子と女の子」 

■『帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ』 ハナレグミ 2005.1
『男の子と女の子』 くるり 2002.5 /ハナレグミ



ソロ(ハナレグミ)になってからのアルバム、『音タイム』と『日々のあわ』とは、マイヘビーローテーションだが、このアルバムは聴きそびれていた。ので聴く。

ハナレグミファンとして、いい意味で期待を裏切らない、心地よいアルバムだ。友部正人(古!)に通じる世界観を感じる。

5曲目『男の子と女の子』は、鳥肌が立った。

歌詞がいい。声がいい。  そして、間(マ)で唄っているのがいい。

「 小学生ぐらいの 男の子 世界のどこまで も 飛んでゆけよ  ロックンローラーに なれよ 」
「 欲望をとめるなよ  コンクリートなんか  かち割って しまえよ かち割って しまえ よ 」

『家族の風景』と並ぶ、名曲だ。


ネットで調べたところ、原曲がくるりだということが、今わかった。(不勉強)
オリジナルより、ハナレグミの方がいいなあ、マがあってね。

と思いつつ、原曲の非公式PVを発見。
これは!すばらしい。




good!good!goood!
[2007/09/24 07:25] 未分類 | TB(0) | CM(0)

クラムボン、復習2作 

ブログデザイン変更してみました。

■『てん、』 クラムボン 2005.3
■『3peace~百年蔵Live』 クラムボン 2006.11



ライブ後に復習。
テスト後に勉強、みたい(苦笑)。


百年蔵Live、いいなぁ。あったかい。
「サラウンド」「シカゴ」「ナイトクルージング」「波よせて」がお気に入り。
そして、岡村ちゃんファンとしては、「カルアミルク」もね。

good!good!
[2007/09/23 07:50] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2大和製ディスコ・ファンクバンド~DANCE☆、米米 

■『Greatest Hits』 DANCE☆MAN 2002.6



DANCE☆MANのアルバム「ミラーボーリズム1~4」から、ファン投票により選曲したベストアルバム。

DANCE☆MAN?ああ日本語コピーバンドね、っとあなどるなかれ。
ディスコ・ファンクに対するリスペクトを深く感じるのに加え、今演奏するためのアレンジ力、そしてバンドとしての演奏力は素晴らしい。
(アレンジ力では、モーニング娘。の「LOVE」からも伺えます、つんくに印税ではなく、買い切られたそうだけど(苦笑))

私は、「ミルク好き」、「ワンボックスのオーナー」、そしてこのベストには入っていませんが「東京ドーム一杯ってどのくらい」が大好きです。

以前、個人的に「DANCE☆MAN’s Classics」と銘打ち、ダンスマンのアルバムに沿って原曲を集め、コンピレーションMDをつくっていました。
再チャレンジしようかなあ。

ok-icon050501.jpgOK!


■『K2C』 米米CLUB 1997.3



長野県諏訪のブックオフにて発見。105円。

「浪漫飛行」などのヒット以降に、録音したセルフカバーアルバム。

米米って、ディスコ・ファンクバンドとして演奏能力高いなあ、と思った。(ダンスマンを聴き直した影響からか?)
ただ、思い入れのある曲は、どうしても原曲(アレンジ)の方がいいけどね(トラブルフィッシュとか/I Can beとか)

最近復活していますね。ディスコ・ファンクな演奏を聴かせてくれるのでしょうか?

ok-icon050501.jpgOK!
[2007/09/21 07:25] 未分類 | TB(0) | CM(0)

リアルにね~マボロシ 

約2ヶ月前に聴いたCD。


■『超ジェラス』 マボロシ 2007.6



マボロシの復活第一弾ドロップ。
Mummy-Dの歌うMCと、ムーチョ竹内のギターリフの絡みが,相変わらずいい。

いくつか夏フェスに出演していたようですが、スーパーバタードッグ再稼動の中、今後どのくらい、お盛んに活動してくれるかが心配。

見守っていきましょう。

ok-icon050501.jpgOK!

[2007/09/18 07:05] 未分類 | TB(0) | CM(0)

増田ジゴロウ様、ご逝去 

■『溜池Now(はミッドタウンに引っ越しました)』 Gyao

Gyao『溜池Now』の第38回(8月末頃リリース)を観る。
増田ジゴロウが、大人の事情により、急遽番組を降板したことを知る。
2005年7月のTVK『sakusaku』の時と、同じじゃん。

「増田ジゴロウ」の、パペットとしてのビジュアルキャラクターは秀逸だ。だが、それはジゴロウの一部だ。

過去には黒幕、その後はバカリズム升野という、「パペット操縦士」のテンションと努力による性格キャラクター両輪となり、唯一無二の最強キャラクターが成り立っていた。
加えて、あかぎあい、木村カエラ、ゴイゴイ、浪人生、米子、そして中川翔子といった、「共演者」との絡みにより、そのキャラクターは、愛すべき高みに昇華(ネ申化)していたといっても過言ではない。

2度にわたる視聴者不在の大人の事情を突きつけられ、遂に、このパペットと人間との蜜月関係が完全に終わった、ことを悟った。というか、もう結構。

umm-icon050501.jpgumm...good-by ジゴロウ。


過去に、当ブログで掲載してた画像を再アップします。
456

その後の『溜池』を観ていて気づいた。
普通にひとりで番組を仕切れるじゃん、しょこたん。



[2007/09/17 16:41] TV | TB(0) | CM(0)

Live魂に火が~フリーボ、岡村ちゃん 

クラムボンのLiveを観たせいで、Live欲に火がつく。

□『フリーボ at 下北沢lete』2007.9.29

ネットで下北沢界隈の飲み屋を検索していたら、偶然、フリーボのライブを発見!
復活している!!
デビューアルバム『Freebo'97』が良くて、いまだに聞いていた。
10年前くらいに、下北沢のbar Halfmoon OKで聴いたのが、知ったきっかけだったと思う(不確か)。

しばらくして活動休止したが、2人になり復活しているようだ。
しかも下北でLive。20席しかない店みたい。

というわけで、チケット予約。

フリーボ ホームページ(リリースディスク)

lete ホームページ(ライブスケジュール)


□『岡村靖幸 TOUR'07 告白 at Zepp Tokyo』2007.11.8

土曜朝10:00、チケットぴあにてゲット。

チケット購入履歴をみると・・・あれ、既に購入している。
約1ヶ月前にプレリザーブ抽選申し込みをしている・・・当選確認をしていない・・・。
すっかり忘れているし。

仏の顔も・・・岡村ちゃん再三復活 →


[2007/09/17 04:03] 欲望の棚おろし | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。