スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

間(マ)で唄う~ハナレグミの「男の子と女の子」 

■『帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ』 ハナレグミ 2005.1
『男の子と女の子』 くるり 2002.5 /ハナレグミ



ソロ(ハナレグミ)になってからのアルバム、『音タイム』と『日々のあわ』とは、マイヘビーローテーションだが、このアルバムは聴きそびれていた。ので聴く。

ハナレグミファンとして、いい意味で期待を裏切らない、心地よいアルバムだ。友部正人(古!)に通じる世界観を感じる。

5曲目『男の子と女の子』は、鳥肌が立った。

歌詞がいい。声がいい。  そして、間(マ)で唄っているのがいい。

「 小学生ぐらいの 男の子 世界のどこまで も 飛んでゆけよ  ロックンローラーに なれよ 」
「 欲望をとめるなよ  コンクリートなんか  かち割って しまえよ かち割って しまえ よ 」

『家族の風景』と並ぶ、名曲だ。


ネットで調べたところ、原曲がくるりだということが、今わかった。(不勉強)
オリジナルより、ハナレグミの方がいいなあ、マがあってね。

と思いつつ、原曲の非公式PVを発見。
これは!すばらしい。




good!good!goood!
スポンサーサイト

[2007/09/24 07:25] 未分類 | TB(0) | CM(0)

クラムボン、復習2作 

ブログデザイン変更してみました。

■『てん、』 クラムボン 2005.3
■『3peace~百年蔵Live』 クラムボン 2006.11



ライブ後に復習。
テスト後に勉強、みたい(苦笑)。


百年蔵Live、いいなぁ。あったかい。
「サラウンド」「シカゴ」「ナイトクルージング」「波よせて」がお気に入り。
そして、岡村ちゃんファンとしては、「カルアミルク」もね。

good!good!
[2007/09/23 07:50] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2大和製ディスコ・ファンクバンド~DANCE☆、米米 

■『Greatest Hits』 DANCE☆MAN 2002.6



DANCE☆MANのアルバム「ミラーボーリズム1~4」から、ファン投票により選曲したベストアルバム。

DANCE☆MAN?ああ日本語コピーバンドね、っとあなどるなかれ。
ディスコ・ファンクに対するリスペクトを深く感じるのに加え、今演奏するためのアレンジ力、そしてバンドとしての演奏力は素晴らしい。
(アレンジ力では、モーニング娘。の「LOVE」からも伺えます、つんくに印税ではなく、買い切られたそうだけど(苦笑))

私は、「ミルク好き」、「ワンボックスのオーナー」、そしてこのベストには入っていませんが「東京ドーム一杯ってどのくらい」が大好きです。

以前、個人的に「DANCE☆MAN’s Classics」と銘打ち、ダンスマンのアルバムに沿って原曲を集め、コンピレーションMDをつくっていました。
再チャレンジしようかなあ。

ok-icon050501.jpgOK!


■『K2C』 米米CLUB 1997.3



長野県諏訪のブックオフにて発見。105円。

「浪漫飛行」などのヒット以降に、録音したセルフカバーアルバム。

米米って、ディスコ・ファンクバンドとして演奏能力高いなあ、と思った。(ダンスマンを聴き直した影響からか?)
ただ、思い入れのある曲は、どうしても原曲(アレンジ)の方がいいけどね(トラブルフィッシュとか/I Can beとか)

最近復活していますね。ディスコ・ファンクな演奏を聴かせてくれるのでしょうか?

ok-icon050501.jpgOK!
[2007/09/21 07:25] 未分類 | TB(0) | CM(0)

リアルにね~マボロシ 

約2ヶ月前に聴いたCD。


■『超ジェラス』 マボロシ 2007.6



マボロシの復活第一弾ドロップ。
Mummy-Dの歌うMCと、ムーチョ竹内のギターリフの絡みが,相変わらずいい。

いくつか夏フェスに出演していたようですが、スーパーバタードッグ再稼動の中、今後どのくらい、お盛んに活動してくれるかが心配。

見守っていきましょう。

ok-icon050501.jpgOK!

[2007/09/18 07:05] 未分類 | TB(0) | CM(0)

仏の顔も・・・岡村ちゃん再三復活 

■『はっきり もっと 勇敢になって』岡村靖幸 2007.9.5



1.はっきり もっと 勇敢になって
2.嵐の気分(着替えを持って全裸のままで)
3.N☆baby
4.黒のオベーション(2004年NKホールLive)

iTunes Storeで発見。即買い。

今年3月にAP BANGでの三回目(苦笑)の復活を果たした、岡村ちゃんのマキシシングル!

タイトルが長い!
エッチ!(2曲目)
歌詞も、メロディも岡村節!
声が出ている、巻き舌も、ファルセットも!
そして、痩せている!!

素晴らしすぎ。完全復活だ。
4曲目は、アコギ弾きながら「NKベイベ~」、最高です。
観にいったZEPP TOKYOのライブでは「ZEPP ベイベ~」でした。(笑)

をを、ツアーも発表されている!

岡村靖幸、約3年ぶりの単独ライブ・ツアーで復活!


good!good!good!goddest!!!
[2007/09/14 05:46] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Rock+Blow=BST(狂牛病じゃないよ) 

『GREATEAT HITS』BLOOD,SWEAT & TEARS 1999.11

ブラスロックの第一人者、BSTのベスト。
最近、この時代のバンドのベストアルバムを聞き倒していた。
こんな感じ。
・Steppen wolf
・Free
・Bad Campany
・Three Dog Night
・Grand Funk Railroad

ハードロックも好きだけど、BSTのホーンと絡むグルーヴは素晴らしい。
7曲目のヒット曲「Spinning Wheel」とともに、3曲目の「Go Down Gamblin'」がいいなあ。

good!good!
[2007/09/06 23:08] 未分類 | TB(0) | CM(0)

秋空の公園で寝転がろう、RAYMOND TEAM 

■『Sum』RAYMOND TEAM 2006.9.2

blues interactionsのページ(試聴可)

大阪の5人バンド。P-VINE&blues interactionsからリリースのミニアルバム。一時、曽我部恵一のレーベルROSE RECORDSからリリースされている。

ジャジーでメローな上質な楽曲と、複雑で心地よいギターアンサンブル、そしてささやくようなボーカル。退屈という意味ではなく、心地よく眠くなる。公園の芝生で寝転がり、組んだ足をゆらゆらと揺らしながら、秋空を見あげたくなる。特に1曲目の『ランドスケープ』と6曲目の『ファーストアンセム』が素晴らしい。

good!good!

→ナイス橋本同様、GYAOのJ-POPビデオクリップ新作情報番組「クリップ・リング」にて、『ランドスケープ』のPVを観る。かっこいいじゃん。

東京でのライブはしばらくないようだ、残念。是非ライブで観たい→


[2006/10/09 21:25] 未分類 | TB(1) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。