スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BEP 1st、汁のルーツ、血の構成 

『Behind the Front』Black Eyed Peas 1998.8.21 (Amazon)

 ライブ前の予習。BEPの1stアルバム。
 BEPの魅力って、トリッキー、キュート、そして聞かせるバラードが同居し、炸裂するところだと思っている。(「Elephunk」以降、大炸裂)このアルバムは、そういった"BEP汁"のルーツを感じることができる、序章という印象。

 レコード会社の資料(ウィル・アイ・アムのプロデュース・ワーク)を読んで驚いた。いとしのMacy Gray様、ここのところはまっているJohn Regendの好きな曲は、Willのプロデュース作品だった!
なるほど、らいおねるの血(好きの基準)には、彼(彼ら)の汁がかなり含まれていたんだ。
 さてと、早く2ndアルバムを聴こうっと。

ok-icon050501.jpgOK!
スポンサーサイト

[2006/06/11 02:38] 未分類 | TB(0) | CM(1)

パークライフな日常... 

『パーク・ライフ』吉田修一 文藝春秋
 
 第127回芥川賞受賞作。
 「えっ!なに?このスカッと感のなさは?」、これが読み終えた直後の感想。
(もしや自分の読解力のなさが原因かと思い、読み返してしまった。)
 個性的な人物たちと、面白い展開を期待させるエピソードが多彩に盛り込まれているが、主人公を含め、誰ひとりとして、どのエピソードひとつとして実を結ばない...
 日常って、そういうものだ、ということを感じてほしいのかもしれないけど、でも、せっかく小説を読むからには、やはり、何らかのカタルシスがほしいなぁ。
umm-icon050501.jpgmmm...

[2006/06/09 02:03] CD | TB(0) | CM(0)

感服、スガ鹿男 

■TVK「saku saku」のニューキャラクター『スガ鹿男(しかおとこ)』

 キタキター!!5月2日に「saku saku」に初登場した「スガ鹿男」は、あまりにも衝撃的!
鹿のカブリものに、グラデーションサングラスを掛けただけなのに、スガシカオに似すぎ!
sakusaku歴約5年(毎朝)、スガシカオファン歴約7年(ライブ4回くらい)の、らいおねるのハートを一瞬でわしづかみ。
 新MCの中村優が奈良出身で、奈良といえば鹿・・・シカオ?という駄洒落発想を、優ちゃん就任1ヶ月あまりで、ここまでキャラクター化するとは・・・。
 ただ面白おかしくだけではなく、ミュージシャンに対する愛、リスペクトを感じますね。saku sakuスタッフに感服です。
 こうして、らいおねるのsaku sakuライフは、まだまだ続くのでした。

「スガ鹿男(しかおとこ)」の画像



good!good!good!!
[2006/06/08 01:36] TV | TB(0) | CM(0)

D、安室ちゃん、AI、そしてZEEBRA・・ 

■『Do What U Gotta Do』 ZEEBRA feat. feat.AI,安室奈美恵&Mummy-D

『The New Biginning』 ZEEBRA(アルバム)

 ちょっと時間が経ってしまったけど、2006年のマイ・フェーバリットナンバーズに決定です。
 とにかくかっこいぃ!アゲアゲとは、まさにこの曲!
基本的にヤラれている(=リスペクトしている)Mummy-Dの素晴らしさはもちろんのこと、安室ちゃんのここ数年のディーバ(歌姫)ぶりがいかんなく発揮されている。
 PV がまたカッコイイ!
このPVがDVD発売もしくはiTune配信されたら、そのためにipod videoを買ってもよいと思っているくらい。
good!good!good!very good!!!

 でも、アルバムは・・・。昔から、ZEEBRAの「スタンス」「姿勢」は好きだけど、「声」がどうしても自分に合わない。ちょっと古いけれど、Sugar Soulとの「いますぐ欲しい」(倖田來未の12連作でカバー)や、「Master Mind」(共にDJ HASEBE)といったコラボレーション作品は好きなんだけど・・・
ok-icon050501.jpgwell...
[2006/06/07 03:28] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ちくわぶーが好き、だけどおでんくん占いでは、はんぺんくん 

『おでんくん vol.2』DVD リリー・フランキー

 こどもだけに見せておくのは、あまりにももったいないアニメ、というより寓話ですね。
まず絵本(2冊)を買おうと思っていたけれど、1ヶ月ほど前に下北沢の日本茶喫茶店「つきまさ」に偶然置いてあったので、完読。よかった!(ちゃんと買おう)
 いろいろな話があるけれど、おでん村だけの話より、外界(人間界)と関わりのある話が好きだなあ。当巻にある病気のお母さんにおでんを食べてもらい、がんのすけと戦う話が好き。
「なんでも知っているつもりでも ほんとは知らないことが、いっぱいあるんだよ」とは、まさにこのこと。
 あと、第1巻にあるみたいだけど、ジャマイカに憧れる、いとこんくんの話も好き。
 TSUTAYAには6巻まで揃っていたので、少しずつ観ていこう。
good!OK!

(追記)
 「おでんくん占い」発見。
[2006/06/07 02:43] アニメ | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。