スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

粘土のリボンをくるくると、アーグネシュ・フス 

■器 夢工房「くるくると、巻いてつくる」
 2007年 3月11日(日) NHK-BS2 午前6:15~午前6:25

朝方、ぼーっと、NHK BS2を観ていたら、惹きこまれました。

(NHKの番組解説より引用)
ハンガリー出身の、アーグネス・フスさんの器は、薄く板状にした粘土に顔料を塗り細長く短冊状にしてから形つくられる。オリジナリティー豊かな作陶の様子と作品を紹介する。

日本に在住する女性陶芸家、アーグネシュまたはアーグネス・フスさん。

娘が折り紙でつくった「てまり」をヒントに、粘土のリボンをくるくると球状に巻いた作品群をつくる。

平板な粘土が、フスさんの優しい手で、だんだん球になっていく様が美しい。
good! good!

アーグネシュ・フスさんの紹介
フスさんのてまりモチーフの作品例

スポンサーサイト

[2007/03/23 06:27] 書籍 | TB(0) | CM(0)

引越し先のブラックジャックによろしく 

5ヶ月あまりさぼっていましたが、すこしずつ復活させます。

■『新ブラックジャックによろしく』第1巻 佐藤秀峰

講談社「モーニング」から小学館「ビッグコミック・スピリッツ」への移籍により、内容やスタイルが変わってしまうのではと心配していた。
しかし、本作ではまったく問題なく、ほっとした。
臓器移植というタイムリーな医療テーマのイントロである一方、20代の青春と人間関係ドラマでもある。また、シリアスさとコミカルさとのバランスも、いつも通り絶妙。
何か円熟味を感じる。絶対次巻も購入しよう。

good! good!
[2007/03/23 05:36] 小説 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。