スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

軽快にしのびよる中性子爆弾~野ぶた。 

2ヶ月ほど前に読んだ本。

■『野ブタ。をプロデュース』 白岩 玄 2004.11



TVドラマ化もされた、話題作。
電車の中で読んでいたが、途中で辞められなくなり、
ドトールにて読み切る。

ちょっと退屈で曖昧な高校生活の中で、『野ブタ。をプロデュース』という、夢中に
なれるニンジンを思いつき、実現していく主人公。
軽快な一人ボケ・ツッコミ文体が気持ちよく、ストーリーに惹き込まれていく。

と思いきや、最後に意外で、根元的な大どんでん返しが。
他人に虚勢を張っていたり、役割を演じていることを、良しとしていると、しっぺ返しを食らう。
凄くイタイ。
痛かった。

軽い口当たりで誘っておきながら、最後の中性子爆弾で外面でなく内面を破壊され、
そして突き放されてしまうような作品。この作者、知能犯だ。

簡単に読めるわりに、中身の濃い小説なので、お勧めです。
新刊でも1050円、古本屋で105円だし。(苦笑)
但し、人間関係で悩んでいるなど、弱っている時は、キツイかもしれませぬ。

good!good!
スポンサーサイト

[2007/09/14 06:07] CD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokunare.blog14.fc2.com/tb.php/74-5ee520d2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。