スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

間(マ)で唄う~ハナレグミの「男の子と女の子」 

■『帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ』 ハナレグミ 2005.1
『男の子と女の子』 くるり 2002.5 /ハナレグミ



ソロ(ハナレグミ)になってからのアルバム、『音タイム』と『日々のあわ』とは、マイヘビーローテーションだが、このアルバムは聴きそびれていた。ので聴く。

ハナレグミファンとして、いい意味で期待を裏切らない、心地よいアルバムだ。友部正人(古!)に通じる世界観を感じる。

5曲目『男の子と女の子』は、鳥肌が立った。

歌詞がいい。声がいい。  そして、間(マ)で唄っているのがいい。

「 小学生ぐらいの 男の子 世界のどこまで も 飛んでゆけよ  ロックンローラーに なれよ 」
「 欲望をとめるなよ  コンクリートなんか  かち割って しまえよ かち割って しまえ よ 」

『家族の風景』と並ぶ、名曲だ。


ネットで調べたところ、原曲がくるりだということが、今わかった。(不勉強)
オリジナルより、ハナレグミの方がいいなあ、マがあってね。

と思いつつ、原曲の非公式PVを発見。
これは!すばらしい。




good!good!goood!
スポンサーサイト

[2007/09/24 07:25] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokunare.blog14.fc2.com/tb.php/81-f91af198





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。